ネイチャーショップKYOEIさんのほしぞloveログにZWOCMOSカメラにCSマウントのCCTVレンズをつけると、
薄曇りでも見えるかもと、また、天の川も見えるかもとの記事があった。

光害でもみえるのかな?
うーん。見たい。ぜひ見たい!
やっぱりアマゾンで調べると、CCTV交換レンズ、1000円前後で売ってる。。
やすぅ!!ほんとにこれ???

uxcell IR固定絞りレンズ ブラック カメラ用交換レンズ CCTVボードカメラ用 F1.2

新品価格
¥690から
(2018/7/16 21:38時点)

CSマウントっぽいけど。。
しかし、どうやってレンズをつけるんだろう??
ねじきり見たいのついてるみたいだし、
そのままつくのかな?
ほしぞloveログさんの写真にはなんか丸い黒いの映ってるな。。
「C-T2: ASIカメラ用のTマウントからCSマウントに変換しCSレンズをつけるためのアダプター」?
これ、いるんだよね?

KYOEIさんの商品検索してもでてこない。。
KYOEIさんへメール送信!
これってあつかってます??って。

返信あり。
商品ページ作ってくれた!
速攻でポチィッ!!

んじゃー安心してアマゾンのCCTVレンズ購入!
あれ?到着まで2週間かかる?
あー海外かー。。
まあいいや!楽しみにまってよー!

かなり小さい。。
C-T2リングにねじ込み、さらにCMOSカメラにねじ込むと取り付け完成!
簡単だ。

左から
 8mm F1.4
 16mm F1.2
C-T2アダプター

で、カメラ用三脚の自由雲台にCMOSカメラを取り付けて、
うちのせまいベランダでファーストライト。

天の川の位置ではないが、とりあえずどんなものか。

雲が多いのでどうかと思ったが、
木星周辺の小さい星も結構映ってる。
たまたま流星が取れた!
天の川撮れるかな?
次回に期待!


8㎜ モノクロで撮影。

しかし、もっと広角のレンズでもよいかも。
アマゾンで4㎜を発見。
即購入!

uxcell 単焦点レンズ CCTVレンズ  マニュアル アイリス CCTV カメラ 対応 4mm焦点

新品価格
¥1,195から
(2018/7/16 21:48時点)

ちなみにASI290mcに付属していたレンズはどの程度なのだろう?

 一番右のASI290mcカメラに装着している黒いレンズが付属レンズ。
 ちなみに一番左はキャノンのレンズやキャノン用Tリング+取り付けアダプターを取り付けるアダプター(ネイチャーショップKYOEIさんにて購入)
 ※用途はビクセンフリップミラーにASI290mcを取り付けるためのものです。

付属レンズをよく見ると2.1㎜っぽい。F値は未記入。

とりあえず、比較のため、天井を撮ってみた。
16㎜レンズ F1.4

8㎜レンズ F1.2

4㎜レンズ F1.2

2.1㎜レンズ F値不明

付属レンズは広角なのはよいがやはりくらい。

カテゴリー: CMOSカメラ

そらちゃぐ

ど素人だけどアンドロメダ銀河を写真に撮りたい!と思い立ち、かれこれ4年を迎えました。 振り返れば迷走迷走また迷走の日々でした。 そこで、振り返りと備忘録を兼ねてブログにしてみようと思います。 思えば、理系でもない私が夜な夜な天体観測を行うようになるとは思いもしませんでした。 しかも、私の住んでいる横浜ではほとんど星がみえません。 その光害の激しい中でどうにかして天体写真が取れたら素晴らしい!と夢を見て、行ける所まで行ってみよう!と思ってます。 もし、カメラを買ったけど、何か面白い被写体はないかなとか、 星って好きだけど、写真とれたらもっといいけど、どうしたらよいかわからないと思っているお仲間さんがいたら、 励みになるなり、笑い飛ばすなりしてもらえたら幸いです。 共感してもらえれば、なおうれしいなと思います。 だから、写真はどへたくそですが、あえてありのまま、ど素人丸出しで公開していきます。 また、その他の内容も載せていきたいと考えております。 さて、私がなぜアンドロメダ銀河の写真を撮りたいと思ったかといいますと、 たまたまペンタックスK-30を購入し、満月の日に月がとってもきれいで、 撮ってみようと思ったところから始まりました。 そこから、もしいろんな惑星や、星雲をとれたらすごいなと思い、とりあえずの目標としてアンドロメダの撮影を目指してみようと思ったことがきっかけで、 いまだアンドロメダ星雲撮影の夢を追い続けています。

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です