およそ1年ほど前にアマゾンにてキャンプ用カートを購入した。
当時、6500円くらいだったと思う。

メーカーなぞはわからない。おそらく中国製品だったと思う。
使用感としては、大きさ的には問題ないが、
引っ張るとキーキーとうるさい。
1年ほどすると、ネジがあちこち取れてきた。
また、ぴっぱる部分の取っ手がスポっととれるようになってきた。

うーん。さすが天下の中華クオリティ!

で、そろそろ買い替えることにした。
アマゾンで探したところ、8800円でCOLEMANのカートが売っている。

コールマン アウトドアワゴン 2000021989

新品価格
¥8,800から
(2018/7/18 19:35時点)

たしかにアマゾンで買ったほうが安いが、
今のキャンプ用カートをどうにかしないと、
狭い我が家では置く場所がない。

ということで、今のカートを中古買取のWattmannに持ってた。
なんと、1500円で買い取ってくれた。
ネジは取れてるし、骨組みの棒がは擦れかかっているのに!
言わなかったけど。

その足で、ホムセンに向かい、購入!
赤いやつ!

開封!

カバー外し!

広げる場所がないから終了!
これでしばらく安心!

早速出動!
おお!!すごくスムーズに動く!
しかも荷かけ紐がついていて荷崩れしないし。

1台目は引っ張るとキーキー鳴いてたけど、
全くそんな音しないし、取っ手もスムーズに上げ下げできる!

さすがコールマン!


そらちゃぐ

ど素人だけどアンドロメダ銀河を写真に撮りたい!と思い立ち、かれこれ4年を迎えました。 振り返れば迷走迷走また迷走の日々でした。 そこで、振り返りと備忘録を兼ねてブログにしてみようと思います。 思えば、理系でもない私が夜な夜な天体観測を行うようになるとは思いもしませんでした。 しかも、私の住んでいる横浜ではほとんど星がみえません。 その光害の激しい中でどうにかして天体写真が取れたら素晴らしい!と夢を見て、行ける所まで行ってみよう!と思ってます。 もし、カメラを買ったけど、何か面白い被写体はないかなとか、 星って好きだけど、写真とれたらもっといいけど、どうしたらよいかわからないと思っているお仲間さんがいたら、 励みになるなり、笑い飛ばすなりしてもらえたら幸いです。 共感してもらえれば、なおうれしいなと思います。 だから、写真はどへたくそですが、あえてありのまま、ど素人丸出しで公開していきます。 また、その他の内容も載せていきたいと考えております。 さて、私がなぜアンドロメダ銀河の写真を撮りたいと思ったかといいますと、 たまたまペンタックスK-30を購入し、満月の日に月がとってもきれいで、 撮ってみようと思ったところから始まりました。 そこから、もしいろんな惑星や、星雲をとれたらすごいなと思い、とりあえずの目標としてアンドロメダの撮影を目指してみようと思ったことがきっかけで、 いまだアンドロメダ星雲撮影の夢を追い続けています。

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です