陣ヶ下渓谷公園(じんがしたけいこくこうえん)という秘境が横浜にあるらしい。

横浜駅から相鉄線で15分の西谷駅にあるらしい。

駐車場もあるらしいので、車で行ってみた。

環状2号 環2市沢上町交差点をまがり、まっすぐのはず。。

環状2号沿いにあるが、駐車場まで住宅街っぽいところを走るが、案外わかりずらい。

ちょっと迷ったが無事到着。

30分100円。

早速園内へ。

園内はそれほど大きくないみたい。

ほんとに渓谷なんてあるんだろうか?

とにかく渓谷目指して移動開始!

きれいに舗装された道が続く。

休憩所もある。今度来た時、ここでコーヒーでも淹れてみようかと思うが、火気厳禁って書いてある。。だめなのかな?

しばらく下っていく。

分岐点。みずのさかみち口南口は獣道だね?とりあえずは渓谷目指そう。

またしばらく下り坂。環状2号のとなりだが、緑に覆われてる。

渓谷への分岐点。獣道になった。

獣道をしばらく下る。

と。道の横にへんな箱発見。

はい。。

更に下ると水の音が聞こえてくる。

ほんとに渓谷だった。

水もきれいだし。

下流にむかってみると、川向うに階段がある。

登ってみる。

下流口と杉山神社口の分岐点。

下流口に向かってみる。

環状2号の下を通れるようす。

なんだかすごいな。

下流口から一度公園をでる。

神社に向かってみよう。

でた。

杉山神社。

ここから再度公園にもどろうかと思ってたが、入り口がわからず、公園の周りをグルーっと回って駐車場に戻った。

ゆっくりあるいて片道30分くらいだったかな?

小さいけど秘境。


そらちゃぐ

ど素人だけどアンドロメダ銀河を写真に撮りたい!と思い立ち、かれこれ4年を迎えました。 振り返れば迷走迷走また迷走の日々でした。 そこで、振り返りと備忘録を兼ねてブログにしてみようと思います。 思えば、理系でもない私が夜な夜な天体観測を行うようになるとは思いもしませんでした。 しかも、私の住んでいる横浜ではほとんど星がみえません。 その光害の激しい中でどうにかして天体写真が取れたら素晴らしい!と夢を見て、行ける所まで行ってみよう!と思ってます。 もし、カメラを買ったけど、何か面白い被写体はないかなとか、 星って好きだけど、写真とれたらもっといいけど、どうしたらよいかわからないと思っているお仲間さんがいたら、 励みになるなり、笑い飛ばすなりしてもらえたら幸いです。 共感してもらえれば、なおうれしいなと思います。 だから、写真はどへたくそですが、あえてありのまま、ど素人丸出しで公開していきます。 また、その他の内容も載せていきたいと考えております。 さて、私がなぜアンドロメダ銀河の写真を撮りたいと思ったかといいますと、 たまたまペンタックスK-30を購入し、満月の日に月がとってもきれいで、 撮ってみようと思ったところから始まりました。 そこから、もしいろんな惑星や、星雲をとれたらすごいなと思い、とりあえずの目標としてアンドロメダの撮影を目指してみようと思ったことがきっかけで、 いまだアンドロメダ星雲撮影の夢を追い続けています。

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です