星を撮影する上でキャンプグッツが増えてきた。。

テーブルやチェアーやキャリーカートとかも。。

それに、コーヒーも外でのむ時はほとんどキャンプグッツだ。。

それに、天体はやっぱり横浜では厳しい。。

遠征しかないのかな?

そうなると、やっぱりキャンプ行くしかないかな。。

とりあえず、そろえてみよう。

寝袋。

寝袋 シュラフ マミー型 軽量 防水 コンパクト カビ対策 アウトドア 登山 車中泊 防災 丸洗い 1.5kg 秋/冬用 最低使用温度-5度 収納袋付き

新品価格
¥3,280から
(2018/10/27 11:54時点)

マット。。

White Seek 厚み3cm エアーマット キャンピングマット 自動膨張式 エアマット キャンプマット (Brown)

新品価格
¥2,000から
(2018/10/27 11:55時点)

グランドシート。

レジャーシート 防水レジャーマット ポケットブランケット ピクニックシート キャンプシート グランドシート ビーチシート 超軽量 携帯しやすい 広サイズ 200cm*140cm 2~6人用 撥水加工 水洗い可能 折りたたみやすい ピクニック 芝生 キャンプ 運動会 ビーチ 花火大会 四季適用 (水色)

新品価格
¥1,199から
(2018/10/27 11:56時点)

これで、概ね大丈夫かな?

あと、どうせ行くならご飯どうにかしよう。。

やっぱりキャンプは肉かな?

どうせならステーキか?

スキレットっていいらしい。

シーズニングとやらをしないといけないらしいけど、うまいらしい。。

食器もか。

そのた、コッヘルとかバーナーはあるからこれで大丈夫そう。。

良し!次に晴れたら土日に行ってみよう!!

あ、テントがまだ来ていない。。


そらちゃぐ

ど素人だけどアンドロメダ銀河を写真に撮りたい!と思い立ち、かれこれ4年を迎えました。 振り返れば迷走迷走また迷走の日々でした。 そこで、振り返りと備忘録を兼ねてブログにしてみようと思います。 思えば、理系でもない私が夜な夜な天体観測を行うようになるとは思いもしませんでした。 しかも、私の住んでいる横浜ではほとんど星がみえません。 その光害の激しい中でどうにかして天体写真が取れたら素晴らしい!と夢を見て、行ける所まで行ってみよう!と思ってます。 もし、カメラを買ったけど、何か面白い被写体はないかなとか、 星って好きだけど、写真とれたらもっといいけど、どうしたらよいかわからないと思っているお仲間さんがいたら、 励みになるなり、笑い飛ばすなりしてもらえたら幸いです。 共感してもらえれば、なおうれしいなと思います。 だから、写真はどへたくそですが、あえてありのまま、ど素人丸出しで公開していきます。 また、その他の内容も載せていきたいと考えております。 さて、私がなぜアンドロメダ銀河の写真を撮りたいと思ったかといいますと、 たまたまペンタックスK-30を購入し、満月の日に月がとってもきれいで、 撮ってみようと思ったところから始まりました。 そこから、もしいろんな惑星や、星雲をとれたらすごいなと思い、とりあえずの目標としてアンドロメダの撮影を目指してみようと思ったことがきっかけで、 いまだアンドロメダ星雲撮影の夢を追い続けています。

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です