セレストロンadvanced-VXを使ってみての感想を書いてみようと思う。

とりあえずファーストライトしてみた。

ビクセンSXWと比べるとやはり重く大きい。

だが、導入精度はadvanced-VXの方がよいかも。

【国内正規品】 CELESTRON 赤道儀アドバンス(Advanced) VX 国内保証書付き CE91519

新品価格
¥96,292から
(2019/6/29 20:09時点)

SXWはアライメント時、大体ファインダー、ガイドスコープにもはいらず、苦労したが、

advancedは一発で概ね視野に入る。新しい機器だからかな。。

まだ、コントローラーになれないが、使っていくうちに慣れてくるだろう。

GPSも調子よく問題なく緯度、経度、時間を取得してくれてる。

自動導入は優先でPC接続し、ステラナビゲーターで行ってみたが、こちらもスムーズに動いている。

ただ、CMOSカメラと電子ファインダーとオートガイダーをPCに接続していたので、さらにステラナビゲーターを起動することになり、PCの付加が苦しいかも。。

後々は導入はスマホかタブレットに依存しようかな?

ところで、ピント合わせにずーと苦しんでいる。

オートフォーカサーを導入してみたがいまいち・・

更にデュアルスピードフォーカサーも導入してみた。

確かに微妙な動きをしてくれているがばっちりピントを合わせるのは苦労する。

Vixen 天体望遠鏡用アクセサリー 望遠鏡用アタッチメント デュアルスピードフォーカサー 37227-0

新品価格
¥20,417から
(2019/6/29 20:10時点)

色々調べてみるとバーティノフ・マスクでだいぶ改善されたという記事がいくつかあった。

以前、80mmに使ってみたがうまく使えなかった。

いい機会だからじっくり研究してみよう。

そして、惑星が出始めているので、200mm用も手に入れたい。

バーティノフ・マスク を作成してくれて、PDFファイルにしてくれるサイトなんかもある。

でも、厚紙やプラバンを切り抜く自信がない。

200mm用2800円くらい。 うん。買おう。

買った。

IoSystemsInc アクリル製フォーカシングマスク バーティノフマスク 対応径65-98mm[国内正規品]

新品価格
¥1,680から
(2019/6/29 20:14時点)

80mmと比べるとやはりでかい。

つけてみた。

良いのではないでしょうか?

とはいえ、今は梅雨。。

しばらく雨。。

はやくはれないかな。。


そらちゃぐ

ど素人だけどアンドロメダ銀河を写真に撮りたい!と思い立ち、かれこれ4年を迎えました。 振り返れば迷走迷走また迷走の日々でした。 そこで、振り返りと備忘録を兼ねてブログにしてみようと思います。 思えば、理系でもない私が夜な夜な天体観測を行うようになるとは思いもしませんでした。 しかも、私の住んでいる横浜ではほとんど星がみえません。 その光害の激しい中でどうにかして天体写真が取れたら素晴らしい!と夢を見て、行ける所まで行ってみよう!と思ってます。 もし、カメラを買ったけど、何か面白い被写体はないかなとか、 星って好きだけど、写真とれたらもっといいけど、どうしたらよいかわからないと思っているお仲間さんがいたら、 励みになるなり、笑い飛ばすなりしてもらえたら幸いです。 共感してもらえれば、なおうれしいなと思います。 だから、写真はどへたくそですが、あえてありのまま、ど素人丸出しで公開していきます。 また、その他の内容も載せていきたいと考えております。 さて、私がなぜアンドロメダ銀河の写真を撮りたいと思ったかといいますと、 たまたまペンタックスK-30を購入し、満月の日に月がとってもきれいで、 撮ってみようと思ったところから始まりました。 そこから、もしいろんな惑星や、星雲をとれたらすごいなと思い、とりあえずの目標としてアンドロメダの撮影を目指してみようと思ったことがきっかけで、 いまだアンドロメダ星雲撮影の夢を追い続けています。

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です