やっとキャンプシーズンがやってきた。

基本冬のソロキャンしかしないので、今シーズン開始だ。。

冬は星がきれいだから。。

で、望遠鏡を担いで、キャンプグッツもって、ついでに登山グッツもって西湖に行こうと思う。

富士五湖あたりのキャンプ場は予約不可のところが多いらしい。

朝8時に出発して十二が岳登って夜天体観測の予定で出発するも、大渋滞。

東名使わず中央で行こうとしたら圏央道で動かない。。

一度一般道におりて相模湖まで行ってみたら国道20号も大渋滞。

どうにか再度高速乗って談合坂SAで一休み。

田舎の豚まん。。外カリカリ中ジューシーでうまかった。。。

西湖についたころには15時を回っていて、どこのキャンプ場もいっぱい。。

それはそうだ。11月の三連休だしね。。もう帰ろうかと思いつつ、朝霧ジャンボリーキャンプ場に連絡。

キャンセルがでて空いてるらしい!!速攻朝霧高原へ!

なんか受付の人は事務的でいまいちだったけど。。

なんでも貸し切り客が半分くらいいるらしい。ごみごみした中でキャンプかなとおもっていたが、

なんか一か所ほとんど人がいないところを発見!!!ラッキー。

早速設営してごはん食べたが、午後から曇りになり星なんて見えない。。

が、21時ごろに晴れた!!急いで望遠鏡だしてM31を狙ってみよう。

久々すぎであまりとれなかったけどうっすらM31とM32がとれた。。

赤道儀はセレストロンAdvancedVXでカメラはZWO ASI294mc。

【国内正規品】 CELESTRON 赤道儀アドバンス(Advanced) VX 国内保証書付き CE91519

新品価格
¥98,083から
(2019/11/4 12:51時点)

他はだめだったけど。。

290mcの方がセンサー小さいから大きく映るので他の星雲に使えばよかった。

次の日は曇り。

それでも富士山みえた。

今日は足和田山に登ろうと思う。


そらちゃぐ

ど素人だけどアンドロメダ銀河を写真に撮りたい!と思い立ち、かれこれ4年を迎えました。 振り返れば迷走迷走また迷走の日々でした。 そこで、振り返りと備忘録を兼ねてブログにしてみようと思います。 思えば、理系でもない私が夜な夜な天体観測を行うようになるとは思いもしませんでした。 しかも、私の住んでいる横浜ではほとんど星がみえません。 その光害の激しい中でどうにかして天体写真が取れたら素晴らしい!と夢を見て、行ける所まで行ってみよう!と思ってます。 もし、カメラを買ったけど、何か面白い被写体はないかなとか、 星って好きだけど、写真とれたらもっといいけど、どうしたらよいかわからないと思っているお仲間さんがいたら、 励みになるなり、笑い飛ばすなりしてもらえたら幸いです。 共感してもらえれば、なおうれしいなと思います。 だから、写真はどへたくそですが、あえてありのまま、ど素人丸出しで公開していきます。 また、その他の内容も載せていきたいと考えております。 さて、私がなぜアンドロメダ銀河の写真を撮りたいと思ったかといいますと、 たまたまペンタックスK-30を購入し、満月の日に月がとってもきれいで、 撮ってみようと思ったところから始まりました。 そこから、もしいろんな惑星や、星雲をとれたらすごいなと思い、とりあえずの目標としてアンドロメダの撮影を目指してみようと思ったことがきっかけで、 いまだアンドロメダ星雲撮影の夢を追い続けています。

1件のコメント

yuji · 2020年2月13日 23:34

こんばんは。yujiです。偶然拝見し同じような境遇かと思いコメントさせていただきます。横浜のベランダからの撮影ですし、同じく文系です。2018年にポタ赤から始め、1年前にEQM35-ProとASI 294 MC Proを購入しました。最近はPixInsightの画像処理にはまっています。また無謀にもナローバンドのモノクロ撮影に挑戦しようかと思っています。天体観測練習帳(https://tentaikan.blogspot.com/?view=classic)というブログに記録を残すようにしています。よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です