4月になったら笠取山でテント泊デビューをしてみたいと思っていて、事前調査を兼ねて日帰りで登ってみた。
なんでも昨年の台風19号の影響で登山口のある作場平への道が通行止めらしい。
調べてみると少し手前の犬切峠から45分くらいで歩けるらしいので車を犬切峠に止めスタート地点とした。
最初と最後の2.5Kmそれぞれが犬切峠から道路を歩いた距離。帰りの2.5Kmかなりつらかった。。
結果6時間くらいかかった。
犬切峠から作場平に抜ける林道が通行止めになっているので、空いているスペースに駐車した。
45分くらい道路を歩きやっと作場平についたら車が止まっていた。どうも登山者らしい。
あれ?はいれるの?
この後この車の持ち主と山頂であえて、話を聞いてみたら一ノ瀬側から入れたらしい。
損した。。
ただ、登山道も結構通行止めっぽいけど。。自己責任でということかな。。注意しながら登ってみよう。
気を取り直して作場平のトイレを利用していざ登山口へ。
トイレの向かい側に登山口がある。
沢に沿って登っていく。とても緩やかで歩きやすい。
沢の水がとてもきれいで気持ち良い。
一休坂分岐。直登気味の急で短い道と沢沿いの緩やかな道らしい。当然緩やかな道を進む。
道もよく整備されていて、ベンチも多く登りやすい。
作場平からおよそ1時間20分くらいでヤブ沢峠に到着。ここら辺から道が雪に覆われ始めた。
でも雪質は引き締まっていて、サクサク登れる。
笠取小屋に向かう道は車が通った跡があった。車で小屋に材料などを運んでるのかな。
ヤブ沢峠から15分くらいで小屋が見えてきた。とても近くて4月にテント担いでもこれそう。
平日だったので営業はしていないが、ベンチがきれいになっていた。
小屋から大菩薩領が見えた。
小屋から小さな分水嶺を経由して笠取山を目指す。道は雪で覆われてたけど、チェーンスパイクもつけずに登れた。
小さな分水嶺に到着。
多摩川と荒川と富士川に分かれてるとのこと。なんかすごい。
笠取山をバックにとってみた。
確かに小さいけどわざわざ小さなとかつけなくてもいいのでは?
さていよいよ名物の心臓やぶりが見えてきた。噂にたがわず凄まじい斜度だった。雪もつかないくらい。
真下に来てみたらすごい。何度も後ろに倒れそうになった。。やばい。。
どうにか登頂。。ほんとに心臓破裂しそう。。
で、景色もすごい。天気も良く富士山が碑の後ろに見えた。
でも、ここはどうも頂上ではないらしい。頂上はもう少し高いところにあるらしい。
とりあえず、景色見ながらお昼食べて頂上目指して再出発。
南アルプスと北アルプスもみえた。
こっちが山頂。見晴はほとんどないし狭いし、ここまで岩登り。なんだこれ。
山頂をそのまま進んでいくと水干(みずひ)というところが見どころとして出てくる。
どうも多摩川の起点らしい。つららがあったので、これが最初の水かな?
下に枯れた沢があった。雨が降ったりするとここが多摩川の源流になるのかな?
笠鳥小屋に向かってまき道を進むと分岐が出てきて、水道道という看板があり、「多摩川の源流が見れます」と書かれていたので、行ってみた。確かに湧き水みたいに水が出ていた。これが多摩川になるんだ。
まき道を進むと小さな分水嶺に戻ってくる。ちなみに獣の足跡がいっぱいあった。タヌキかな。
笠取小屋を過ぎて、一ノ瀬経由の道を進む。きつい道となっていたが、頂上見た後だとそれほどでもなかった。
どうにか作場平に到着。でもここから犬切峠までがきつかった。
すでに足はぷるぷるで、舗装道路を進むにしても緩やかな登りで、景色も面白くないし。。45分。。
次は一ノ瀬側から車で行ってみよう。

そらちゃぐ

ど素人だけどアンドロメダ銀河を写真に撮りたい!と思い立ち、かれこれ4年を迎えました。 振り返れば迷走迷走また迷走の日々でした。 そこで、振り返りと備忘録を兼ねてブログにしてみようと思います。 思えば、理系でもない私が夜な夜な天体観測を行うようになるとは思いもしませんでした。 しかも、私の住んでいる横浜ではほとんど星がみえません。 その光害の激しい中でどうにかして天体写真が取れたら素晴らしい!と夢を見て、行ける所まで行ってみよう!と思ってます。 もし、カメラを買ったけど、何か面白い被写体はないかなとか、 星って好きだけど、写真とれたらもっといいけど、どうしたらよいかわからないと思っているお仲間さんがいたら、 励みになるなり、笑い飛ばすなりしてもらえたら幸いです。 共感してもらえれば、なおうれしいなと思います。 だから、写真はどへたくそですが、あえてありのまま、ど素人丸出しで公開していきます。 また、その他の内容も載せていきたいと考えております。 さて、私がなぜアンドロメダ銀河の写真を撮りたいと思ったかといいますと、 たまたまペンタックスK-30を購入し、満月の日に月がとってもきれいで、 撮ってみようと思ったところから始まりました。 そこから、もしいろんな惑星や、星雲をとれたらすごいなと思い、とりあえずの目標としてアンドロメダの撮影を目指してみようと思ったことがきっかけで、 いまだアンドロメダ星雲撮影の夢を追い続けています。

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です