コロナと雨がひどくて最近山やキャンプや天体観測ができない。。
なので最近ミニチュア作りにはまっている。
なるべく100均グッツでできるよう素材から作ってみたりしているが、置く場所がなくなってきた。。
仕方ないので、テレビの上に置く台なんてものを作ってみた。
もちろん100均で。
板と角材2本と簡単模様替え用のシール。
前の部分に角材をねじで止めて、後ろにテレビに合わせて切断した角材をやはりねじで止めた。
案外うまくいった。
ちなみに普通に買うと1500円から2000円くらいするし、あまり良いデザインのものもない。

サンワダイレクト ディスプレイ上 収納 滑り止めシート付 幅60cm×奥行12.7cm 耐荷重5kg 100-MRSH001

新品価格
¥2,480から
(2020/7/18 16:25時点)

楽だけど。。ちなみに400円でできた。
安定性も大丈夫そう。木の切り口が雑だけどまあ見えないし。
あと、作ったミニチュアの写真を撮ろうと思うが、どうも部屋が写ったり、いまいちきれいにとれない。
撮影ボックスというもの持っている。
しかしやすものなので小さく、どうしても使いづらい。

撮影ボックス 撮影キット Orthland 22*23*24小型 簡易スタイジオ 撮影ブース カメラ スマホ用写真撮影用 LEDライト付き 20PCS USB電源 背景スクリーン2色付 ミニ撮影ボックス マルチアングル撮影 折り畳み式 軽便携帯型 組み立て簡単

新品価格
¥1,190から
(2020/7/18 16:29時点)

もう少し大きくないと入らない。
で、やっぱり100均で自作できないかと調べたところ、やってる人がいた。
ダイソーグッツで作れるみたい。
おしゃれな組み立て式の棚らしい。下の部分はいらないかなと思い4枚購入。
固定するパーツ4つ入りで100円。
照明が必要なので、LEDライト。自立もするしかけることもできるから背面から光の方向を変えられるのでは?
内部をきれいにするための模造紙。5枚も入ってた。そんなにいらないけど。。まあいっか。
これで概ねそろったけど、模造紙をどう取り付けるか。。
組み立てたまま保管は邪魔だしばらしておきたい。。そうなるとテープとかではるのもやだし。




マグネットで止めれば取り外しが楽なのでは?
じゃあマグネットとどうつけるか?
マグネットテープというものが売っていた!裏側に張って内部にマグネットで止めたらよいのでは?
上部分に張り付けて内側から棒状のマグネットでとめる。
表にマグネットフックつければLEDライトもぶら下げられるしいいかも。
模造紙張ってみた。。取り外しは問題ない!
マグネットフックでLEDライトぶら下げてみた。
上から照明を当てて写真を撮ってみた。
概ねいいんだけど、問題点が2つ。
いまいち暗い。
下部分をケチったため、模造紙と壁の隙間から床が見える。
棚もう一つ買おう。あと照明か。。もっとあかるくならんもんかな。。
もう少し改良が必要・・

そらちゃぐ

ど素人だけどアンドロメダ銀河を写真に撮りたい!と思い立ち、かれこれ4年を迎えました。 振り返れば迷走迷走また迷走の日々でした。 そこで、振り返りと備忘録を兼ねてブログにしてみようと思います。 思えば、理系でもない私が夜な夜な天体観測を行うようになるとは思いもしませんでした。 しかも、私の住んでいる横浜ではほとんど星がみえません。 その光害の激しい中でどうにかして天体写真が取れたら素晴らしい!と夢を見て、行ける所まで行ってみよう!と思ってます。 もし、カメラを買ったけど、何か面白い被写体はないかなとか、 星って好きだけど、写真とれたらもっといいけど、どうしたらよいかわからないと思っているお仲間さんがいたら、 励みになるなり、笑い飛ばすなりしてもらえたら幸いです。 共感してもらえれば、なおうれしいなと思います。 だから、写真はどへたくそですが、あえてありのまま、ど素人丸出しで公開していきます。 また、その他の内容も載せていきたいと考えております。 さて、私がなぜアンドロメダ銀河の写真を撮りたいと思ったかといいますと、 たまたまペンタックスK-30を購入し、満月の日に月がとってもきれいで、 撮ってみようと思ったところから始まりました。 そこから、もしいろんな惑星や、星雲をとれたらすごいなと思い、とりあえずの目標としてアンドロメダの撮影を目指してみようと思ったことがきっかけで、 いまだアンドロメダ星雲撮影の夢を追い続けています。

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です