前回円海山をハイキングした。。
死にそうに疲れた。

懲りずに鎌倉アルプスという響きに惹かれて、行ってしまった。
何度も言うが、別にハイキングが好きなわけではない。
ただ、円海山を歩いた際に鎌倉方面という看板を何度も目にした。
また、天園ハイキングコースとあり、天園の響きに惹かれた。
鎌倉をぐるっと取り囲んでいる山と聞いて、なぜか行ってみたくなった。
天園ハイキングコース

神奈中バスで横浜霊園前まで行き、ながーい階段をのぼって入山する。
円海山周辺マップ

階段を登りきると、最初に自然観察センターなる謎の施設があったが素通り。
分かれ道があり、天園方面に向かう尾根道を進む。

しばらく横浜霊園脇の山中を進むと切通などが出てくる。

そして、天園に到着。
思ったほど天園感はなかった。
ただ、休憩所があり、そこで軽食をとれる。
軽食といっても、よくわからんメニューだった。
豆腐とかおでんとか。

箱からしっぽが生えていた。

暑いのに。。
暑くないのかな?
ここから鎌倉アルプス。

建長寺半僧坊方面に向かうとすぐに鎌倉市で一番高い山、大平山山頂についた。

しばらく進むとなんかよくわからん祠と像が出てきた。

弘法大師像?だそうだ。

その後、ロープで登ったりとアスレチック感満載なコースが続き、
半僧坊の上の見晴らし台到着。

で、ながーい階段を下ると、半僧坊に至る。

そして、謎に建長寺は移管料を取られる。
500円。

建長寺から鎌倉街道方面に抜けてもよかったが、
回春園から鶴岡八幡宮の裏側にでるコースを通り鎌倉へ。

約3時間コースだった。
足が。。




そらちゃぐ

ど素人だけどアンドロメダ銀河を写真に撮りたい!と思い立ち、かれこれ4年を迎えました。 振り返れば迷走迷走また迷走の日々でした。 そこで、振り返りと備忘録を兼ねてブログにしてみようと思います。 思えば、理系でもない私が夜な夜な天体観測を行うようになるとは思いもしませんでした。 しかも、私の住んでいる横浜ではほとんど星がみえません。 その光害の激しい中でどうにかして天体写真が取れたら素晴らしい!と夢を見て、行ける所まで行ってみよう!と思ってます。 もし、カメラを買ったけど、何か面白い被写体はないかなとか、 星って好きだけど、写真とれたらもっといいけど、どうしたらよいかわからないと思っているお仲間さんがいたら、 励みになるなり、笑い飛ばすなりしてもらえたら幸いです。 共感してもらえれば、なおうれしいなと思います。 だから、写真はどへたくそですが、あえてありのまま、ど素人丸出しで公開していきます。 また、その他の内容も載せていきたいと考えております。 さて、私がなぜアンドロメダ銀河の写真を撮りたいと思ったかといいますと、 たまたまペンタックスK-30を購入し、満月の日に月がとってもきれいで、 撮ってみようと思ったところから始まりました。 そこから、もしいろんな惑星や、星雲をとれたらすごいなと思い、とりあえずの目標としてアンドロメダの撮影を目指してみようと思ったことがきっかけで、 いまだアンドロメダ星雲撮影の夢を追い続けています。

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です