普段使用しているPCは自作デスクトップだ。
その他にWindws7のエイサーのノートPCと、Windws10の中華タブレットPCを持っていた。
CMOSカメラ導入にあたり、観測時にPCが必要になってくる。
当時所有していたエイサーのノートPCでもよいのだが、
ASI290mcはUSB3.0対応であり、PC側もUSB3.0以上が望ましいらしい。
転送速度とかを考えると納得できる。
残念ながら、当時のPCにはUSB2.0のポートしかない。

この際、ノートPCを買い替えるとしよう。
当然中古で。

さて、アキバに出動。
USB3.0以上のポートでそれなりに頼りになるPCとなると、結構絞られる。
だが、あまり高いPCを買うつもりもない。

ソフマップの中古を物色した結果、
Surface3に決めた。

まず、タブレットにもなることで、自由性が増す。
というより、かっこいい!

次にUSB3.0以上のポート。

できれば、CPUはCorei5くらいをチョイスしたかったが、金額的に厳しい。
安いものはドット抜けやゆがみが激しい。

さらにSurfaceならオリジナルパーツが豊富なため、
いろいろと楽しめそうだ。

USBポートは1つしかないが、
Surface用に接続部分が斜めにカットされたUSBハブもあったりする。


43000円(キーボード付き)を購入!!
CPU:ATOM x7-Z8700
メモリ:4GB
ストレージ:SSD128GB
画面サイズ:10.8インチ
OS:Windwos8.1

OSはWindows10をクリーンインストールすればいいし。
DSP版買ったし。

で、早速Windws10をインストールしようとポータブルDVDプレーヤーをUSB接続して、
OSのDVDを起動しようとするも反応せず。
ん?
いろいろ調べたところ、Surfaceはタブレットのため、USB電源供給のDVDプレーヤーは動かないらしい。

翌日ヤマダ電機で徘徊してみた。
Surfaceでも使えると記載されたDVDプレーヤーを発見、即購入。

ブルーレイドライブ 外付け BD 対応 USB 3.0 外付光学式ドライブ Blu-Ray CD/DVD書き込み/読み込み スムース スリム 高速 静音 ポーダブル 【Windows 7/8/10/XP、 MAC OS対応】

新品価格
¥8,999から
(2018/7/21 19:56時点)

早速インストールしようと思ったが、
その前にSurfaceのクリーンインストールについての記事がネット上にあったことを思い出した。
見てみると、MicroSoftのサイトからSurfaceクリーンインストール用ツールを使うと楽とのことだった。
Microsoft「Windows 10 のディスク イメージ (ISO ファイル) のダウンロード」
早速ダウンロードして、ツールをMicroSDカードにコピー。
Surface側でツールを起動したところ、
ダウンロードが走り始めた。
で、Windowsのインストール画面が表示され、クリーンインストールを選択。
インストール終了後無事Windows10が起動した。

あれ?DVD使ってないぞ?
え?ライセンス登録は不要?

DPS版Windows10のDVD買ったのに・・
12000円だよ?
いらなかったの??

Windows8.1からのアップグレードはただなの?
まじか!!
DVDプレーヤーも買ったのに!

まあ、いっか。
なんかでつかえばいいや。
気を取り直して、天体観測に必要なソフトをインストールして、
試しにカメラを接続してみると問題なく稼働した!

どうにか観測準備が整ったかな。

【Microsoft ストア限定】3点セット:Surface Pro (i5 / 256GB / 8GB モデル) 専用 タイプ カバー (ブラック) 専用 ペン (プラチナ) 【純正】JHH-00002

新品価格
¥189,000から
(2018/7/21 19:55時点)

カテゴリー: PC

そらちゃぐ

ど素人だけどアンドロメダ銀河を写真に撮りたい!と思い立ち、かれこれ4年を迎えました。 振り返れば迷走迷走また迷走の日々でした。 そこで、振り返りと備忘録を兼ねてブログにしてみようと思います。 思えば、理系でもない私が夜な夜な天体観測を行うようになるとは思いもしませんでした。 しかも、私の住んでいる横浜ではほとんど星がみえません。 その光害の激しい中でどうにかして天体写真が取れたら素晴らしい!と夢を見て、行ける所まで行ってみよう!と思ってます。 もし、カメラを買ったけど、何か面白い被写体はないかなとか、 星って好きだけど、写真とれたらもっといいけど、どうしたらよいかわからないと思っているお仲間さんがいたら、 励みになるなり、笑い飛ばすなりしてもらえたら幸いです。 共感してもらえれば、なおうれしいなと思います。 だから、写真はどへたくそですが、あえてありのまま、ど素人丸出しで公開していきます。 また、その他の内容も載せていきたいと考えております。 さて、私がなぜアンドロメダ銀河の写真を撮りたいと思ったかといいますと、 たまたまペンタックスK-30を購入し、満月の日に月がとってもきれいで、 撮ってみようと思ったところから始まりました。 そこから、もしいろんな惑星や、星雲をとれたらすごいなと思い、とりあえずの目標としてアンドロメダの撮影を目指してみようと思ったことがきっかけで、 いまだアンドロメダ星雲撮影の夢を追い続けています。

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です